スポンサーサイト
  •  --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    *最後まで読んで頂き有難うございます。宜しければ拍手=愛を頂ければ活力になります。 ia10.gifアイ
    *。夢小説目次一覧
    GG*。aa06.gifAlexaa10.gifMarcaa09.gifLeon*。aa08.gifIzaacaa04.gifFredaa02.gifKyle
    恋乱LB*。aa02.gif殿方一覧


  • 只今ランキング参加中です、応援して頂けると幸いです♪
失恋記念日……第2話
Mdg00.gif
マーク・ジョーンズ//関係:友達//傾向:切ない 【視点:ヒロイン】




――Monday



私は昨夜の夜に入ったゴシップガールの所為で気分が憂鬱な朝を迎えて居た。
写真を撮られたことに気分が凹んでるのでは無い。書かれてる文を読んで複雑な気分になったからだ。


『Мと東洋のシンデレラが仲良く手繋ぎデート。
夕陽の中熱く見詰め合う二人はいつの間にそんな仲になったのかしら』


(失恋した翌日ってキツイな…)



学校に辿り着くと早速皆の視線が痛く突き刺さる。
ヒソヒソと噂しながら避けるように私を通り過ぎて行く人。あからさまに指差ししてくる人。
酷い人だと馬鹿にしたような笑みを見せつけてくる人も居る。


(ゴシップガールの影響力って本当に凄いんだな)



今日一日は特に酷いだろうなと覚悟しながら向こうからセリーナがやって来た。


「ハイ、日七

「ハイ…セリーナ」

「元気無いね。少し顔色も悪い気がするけど…」

「ちょっと御飯が喉を通らない上に…良く眠れなくて…」

「マークとのゴシップそんなに嫌だったの?」


意外そうにセリーナの目が見開くと私は慌てて顔を振った。
此処で本当の事情を言うには行き交う人々の耳に入りそうで口を閉じてしまう。
セリーナにはもう少し落ち着いたら全ての事情を話すつもりだ。


「…日七…何があったか無理には聞かないけど
話したいことがあったら何時でも聞くからね…」


セリーナは微笑んでくれると、私は有難うと言い頷いた。




***




昼食になると、私はどうにも一人になりたくて弁当を抱えて校内をうろつく。
中庭に辿り着くと向こうからマークが数人の友達と笑い合いながらやって来た。


(あ……今鉢合わせたら騒ぎになってマークにも迷惑かかっちゃうかも)


明るいキャラもあってか、親しみやすいマークは女子生徒の人気者だ。
何と無しに気まずくなってしまって私は柱の影に隠れてしまった。
マーク達は私の存在に気付いてないのか柱の直ぐ後ろのベンチで座って話している。
逃げそびれて私は暫く動けそうにも無いので諦めてじっと立っていた。


「マーク、最近付き合い悪くね?
クラブに来る女の子達がマークにすげえ逢いたがってるんだけど」

「んー、付き合い悪く無いでしょ。ちゃんと遊んでるじゃん」

「いや、男だらけの集まりは来るけどさ。こう、女の子達呼ばなくなったじゃん」



立ち聞きしてしまう自分が恥ずかしい。
軽く俯きながらもマークの声を聞く。


「あー……あのゴシップガールの子が原因?」


友達の一人が突然私の話題を出したので咄嗟にドキリと心臓が跳ねた。
そして同時にマークは如何返すのだろうと気になり始める。


「内緒」


否定も肯定もしない、内緒という曖昧な返事を聞いてしまう。
こっそりと物陰から窺うとマークは、にっこりと微笑んでいた。


「マークって、ああいう子がタイプだったっけ……。
もっと大人っぽくて派手な子が好きだった気がする」

「俺も、メール見て思った。あれか、あっちから強引に手繋いで来たとか。
女の頼みはあんまり断らないから、面倒なことになるんだよ。マーク」

「マーク待ってーとか? ゴシップガールってデマも多いからありえるな。
ああいう普通の子程積極的とか?…いいな、ギャップで」


(何か、凄い言われ様だな…)


ケラケラと友達は笑い話しに花を咲かせていると、マークが突然声を荒げた。


「ストーップ!これ以上言ったら俺怒っちゃうかも」

「マーク?」


日七のこと…
良く知りもしない癖に勝手な事ばかり言うなっての」


友達も私も、声音の中にハッキリと浮かぶ怒りの感情に息を呑んでしまった。
何故ならさっきまで笑顔だったマークが、今は凄く真剣な顔をしているからだ。
マークは直ぐにハッとしたように気付くと、何時もの明るい口調で場を立て直した。


「ごめんごめん!朝飯食べて無いからイライラしてたのかな。
俺、ちょっとジュースでも買って来るわ」


(マーク…)


庇ってくれたことは嬉しい筈なのに、胸の奥がチクリと痛んだ気がした。
その場から逃げるようにマークは歩き出すも、向かって来た先には私が隠れてる柱であって
通り過ぎるマークは流石に私の存在に気付いてしまった。目を丸くして此方を見る。


日七?」

「あ……お弁当食べようと思って」


お弁当を両手で見せると、然も今来ましたという顔を作っておく。
マークは私のぎこちない表情に気付いてしまっているだろう。
然し、そっかと笑顔を浮かべるとそれ以上は何も聞いてこなかった。


失恋記念日……第3話 へ続く




執筆一言 『怒ってくれたり、庇ってくれたり、褒めてくれたり、マークの優しさを全開に出せたらいいな』
    *最後まで読んで頂き有難うございます。宜しければ拍手=愛を頂ければ活力になります。 ia10.gifアイ
    *。夢小説目次一覧
    GG*。aa06.gifAlexaa10.gifMarcaa09.gifLeon*。aa08.gifIzaacaa04.gifFredaa02.gifKyle
    恋乱LB*。aa02.gif殿方一覧


  • 只今ランキング参加中です、応援して頂けると幸いです♪

Comment - 2

Wed
2014.07.16

日七

URL

有難うございます!ワタクシもマーク大好きです

Edit | Reply | 
Tue
2014.07.15

アナ

URL

きゅん♪

マーク大好きー!続き楽しみにしてます♪

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。