スポンサーサイト
  •  --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    *最後まで読んで頂き有難うございます。宜しければ拍手=愛を頂ければ活力になります。 ia10.gifアイ
    *。夢小説目次一覧
    GG*。aa06.gifAlexaa10.gifMarcaa09.gifLeon*。aa08.gifIzaacaa04.gifFredaa02.gifKyle
    恋乱LB*。aa02.gif殿方一覧


  • 只今ランキング参加中です、応援して頂けると幸いです♪
失恋記念日……第10話
Mdg00.gif
マーク・ジョーンズ//関係:友達//傾向:切ない 【視点:マーク】【視点:ヒロイン】




もし、日七に今言える言葉があったとしたらそれは一つしか無い。


傘を開いて走る彼女と、傘も無く走る俺とでは差がどんどん縮まっていくのに
けれど追えば追う程に心の距離が段々と離れてしまうと感じるのは何故だろう。

正しかった歯車の音が段々と狂うように俺の中で軋み始める。



「待って!日七


やがて止める為に後ろから肩を掴み彼女を振り向かせるのだが
勢いのある為に聊か乱暴な力は、まるで彼女を傷つけてしまうようで胸が痛んだ。
互いに肩で息をしながらも、降りしきる雨は髪や服を濡らしてポタポタと髪先から滴が落ちる。
傘がゆっくりと動き、やっと日七の顔が見れたのにその表情は俺より苦しそうに見えた。



「ごめん、マーク…私…全然知らなくて」


日七…」


「…私、もう一人で大丈夫だから」



俺の手から逃げるように再び走り出した日七の背中を呆然と見る。
この儘見送ってしまえば、何時ものように時が忘れゆく歯車はただ動き続けるだけだ。
そこに俺の感情は無くても、スキャンダル何て消えては涌いてくる出来事の一つに過ぎないのだから。


もし、日七に今言える言葉があったとしても、それは彼女に幸福を与える言葉では無い。
何で世界には沢山の言葉があるのに、その一つしか俺には残されて無いのかな。

ぎゅ、と決心するように固く握った手を動かして彼女を再び追い掛ける。


ぱしゃぱしゃ、と水溜りを幾つも踏んで追いかけた先に日七が居れば、
追いつけそうな距離になった彼女は道を外れるように公園に入って行った。

一度俺は立ち止まって呼吸を整えると雨に打たれながらその公園を見る。
忘れる筈も無い、そこは失恋したばかりの彼女と出逢った記念日の始まりの場所でもあった。



辺りを探すと木造で出来た大きな遊具を挟んだ向こう側に佇む日七が居る。
背中を向けていたが、俺が近付く距離を縮めてももう逃げるのを諦めたのか動かなかった。



「…そこに居ていいから…聞いて?」



もし、日七に今言える言葉があるとしたら、それは言えるのでは無く
ずっとずっと言いたかった何よりの大切な言葉だ。
例え世界に沢山の言葉が溢れてたとしても、その一つしか俺は選ばないよ。


何時ものように時が忘れゆく歯車をただ見てる中で、他の誰に何を言われても構わない。
さっきメアリーに伝えた言葉が不図雨音に混じって俺の中で響く。


(メアリー、俺は誰に何を言われても気にしないよ…――――)


両手を伸ばすと拒まれるような遊具の木造の板を挟んで、後ろ姿の彼女にそっと話しかけた。


(でも……

日七だけには、嘘を付きたくない)




「…俺…日七が好き…」




歯車が狂うように、音を立てて崩れていく。
ずっとずっと言いたかった何よりの大切な言葉は、今まで築きあげてきたものを全て壊してしまうから。

友達だったから言えなかった。
君が誰かに恋をしてるから言えなかった。



「俺が誰より…好きなのは日七なんだよ」



傷ついた君を抱き締めた時も、言えなかった。



「世界で…一番大好き…」



俺達が今迄の俺達で居る為には
絶対言っちゃいけなかった言葉、だったのに…。


「好き…――――」


日七の笑顔が一番大好きだよ)



***



私は、背を向けてた場所から足を引き剥がしゆっくりと前に出るとそっと振り向く。


そこには、もうマークは居なかった。


激しかった雨音は段々と静かになるのに、私の心臓だけがただ騒がしくて
地面に落ちる雨の音を聞きながら、最後に言われた言葉が耳を震わす。


『……――――になって…ごめんね………』


白い息を吐きながら、じわりと目尻に涙が溜まるとそれは雨と一緒に流れ落ちた。



『好きになって…ごめんね………』



失恋記念日……第11話 へ続く




執筆一言 『君が好きだった。けどこの言葉を言ってしまったら仲良く笑い合ってたあの日々に戻れないかも知れない。友達でも良いから笑ってる君の隣で居れさえ出来れば俺は良かった、筈なのに……』
    *最後まで読んで頂き有難うございます。宜しければ拍手=愛を頂ければ活力になります。 ia10.gifアイ
    *。夢小説目次一覧
    GG*。aa06.gifAlexaa10.gifMarcaa09.gifLeon*。aa08.gifIzaacaa04.gifFredaa02.gifKyle
    恋乱LB*。aa02.gif殿方一覧


  • 只今ランキング参加中です、応援して頂けると幸いです♪

Comment - 2

Tue
2014.09.30

日七

URL

(人´ω`).ア☆.リ。ガ.:ト*・

ミシェルさーんカキコ(人´ω`).ア☆.リ。ガ.:ト*・
拍手400回ポチ有難う!!!有難うございます!!(土下座)
連打お待ちしておりますww

Мになりきって書いたので自分でも凄い切なかったです。
好きって言葉はこうした友達関係だとそれは傷つけてしまうような剣にもなっちゃう…時もあるよね、みたいな。

実は私次書いてて泣いてますww 書いてても泣けてくる次はやばいです。

通ってくれてありが㌧♪(・ω・)ノ
AのS1はほんと――――に良いぞw とさらにゆらゆらさせてみるw

Edit | Reply | 
Tue
2014.09.30

ミシェル

URL

拍手400いただきました!

拍手400回目いただいちゃいました!光栄です!!!
もう何回も押したいくらいです(笑)ポチポチ

M切ないですね。。。
「好きになってごめんね」なんて(ノД`)・゜・。仕事中なのに号泣です←
Mになんてこと言わせんだよー!と思いつつ、ヒロインが自分だとやるせないですねー笑

イメージソングも最高です!聞きながらだと余計にうるうるします(;_;)
11話も楽しみです!!!毎日通います!大好きです♡♡♡
プレッシャーですかね(笑)体調にはお気を付けてください!

AのS1もいいと聞いて、さらにゆらゆらしてます(笑)

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。